北欧のお土産を紹介します。

 

ガムラ・スタンで最初のお買い物。小さなカップ。

陶器には疎いのだが、有名だという「グスタフスベリ」は予習していた。

 

みやげ屋や本屋などいろんなとこで山積みされてた「スポンジワイプ」。

植物繊維製で洗って何度も使えるエコでおしゃれな布巾。

店ごとにデザインが色々あって、どこで買うか迷いました。

スウェーデンメイドとは知らず、以前日本でプレゼント用に買ったことがあった。

 

これもみやげ屋で山積みされてた石鹸。

箱がかわいいので即買い!

 

スウェーデンとデンマーク混在、ポストカード(左上はハンドメイドのペーパーオーナメント)

 

デンマーク蚤の市でゲットしたロイヤルコペンハーゲンのイヤーマグ。

1985は他のブースでも見かけたけど姉の生年のはなく。

1985はもしや大量生産!?

 

フライングタイガーのエコバッグ、チップス各種、鳥もの。

帰国後に調べたら、人魚のエコバッグは日本で普通にあったが、他は今のところないかも。

 

どれを買うか迷いに迷った、イヤマ。

サンドイッチペーストと調味料系。解読できたものをチョイス。

ミントタブレットは普段食べないけど記念に。

見た目クールな黒い方はなんとラクリス味・・!怖いもの見たさで。。

デンマークでは、朝食のパンに薄いチョコレートをのせる習慣があるそう。

pålægchokolade」、ホテルの朝食にも置いてありました。

スーツケースに入れたら割れていた。

焼いてみた。

 

英語表記がなく、わからないものは見た目で判断するしかない。

他のクッキーと違い、プラスチック容器に大量に入ってて安かった「KAMMERJUNKERE」。

自宅用と職場用に買ってみた。

帰国後調べたら「koldskål」というヨーグルトみたいな乳製品に入れて食べる、専用のビスケットなんだって。

夏の定番デザートらしいです。

硬くて甘めのビスケット、単体で食べても美味しかった♪

 

物価高いため、抑え気味のおみやげでした。これにて北欧旅行記、終了です。

長文にお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

 

*スマホ後日談*

帰国後すぐ、ポリスレポートを手にdoco●oに行きました。

「icroudで写真くらいは戻るかもしれませんね」と言われ、その存在しか知らなかった私はすぐにログイン。

すると・・・

おぉぉ〜!!写真もメールもアプリも、全部復旧しました!!(その間の歩数計だけはゼロ 笑)

盗難直前の朝食の写真で時は止まっていました!!笑

それわかってたら現地であんなに凹まなかったのに!姉と気まずくならなかったのに!

 

しかも。

 

虫の知らせかどうか、出発のわずか1週間前、キャッシング利用と海外保険目的で「エポスカード」を作っていました。

私が今まで持ってたクレジットカードはキャシング枠も海外保険もつけてなく、手続きするより新規カードの方が早いと思ったのです。

カードは年会費もなく、マルイ窓口で即日発行。

…まさかすぐに補償を受けることになるなんて!

びっくりしましたが、盗難品の時価額で補償を受けられるので、なんとiphone代全額(手数料3000円程)戻ってきました!!

え、だってまだ機種代金払い途中なのに?エポスカード1週間しか経ってないのに??

エポスを作ってなかったら、機種代+交換品代でかなりの損失でした。。。

 

みなさん、噂どおり「マルイのエポスカード」は海外旅行に1枚あれば命綱になりますよ!!

 

 

【お知らせ】

羽田空港「shosaikan」様でのお取り扱い終了しました☆

長らくありがとうございました。

-----------------------------------
●Creema:購入はコチラから
●minne:購入はコチラから
★Twitter 
 
お問い合わせ・お取引のご依頼
n5fmasg_murmure@hotmail.com

-----------------------------------
ランキング参加してます
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへにほんブログ村 イラストブログ スポーツイラストへ

 

 

 

 

 

コメント
今回は現地での消費を抑えたので、帰ってから意外と少なかったかも…とちょっとだけ後悔しました(^ ^;
ちびっこ君がもう少し大きくなったら、近くの海外に飛べたらいいですね!
  • by mumu
  • 2018/09/11 10:37 PM
お土産、ありがとね〜。
どれもこれもいいチョイスだね♪

産後はすっか海外旅行なんて行ってたっけ?という感じだけど、久しぶりに飛びたくなった〜。

ま、暫くは国内(しかも近場!)で我慢するよ。
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL